AC/MEMO

大航海時代Online - in Euros - さだまさしをBGMに模擬をする軍人 Archieがつづる航海日誌です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大航海時代ブログランキングに参加しています

息抜きって大切だ

海事クエストばかりやっていると、息が詰まってきます…よね?そんなわけで、時々バルト海を抜け出しては、冒険クエストや地図をやっています。
でも移動距離でいったら、バルト海とセビリア辺りを行ったり来たりという感じで…。ああ、アラビア海に行きたい!

セビリアでレースが開催されていたので参加してみました。
ストックホルム行きとは丁度いいと受けてみたのですが、この日は疲れていてロンドンで就寝。次の日に持ち越してしまいました。
20060427135230.jpg
この時間で暫定20位という順位にも驚き…!

レー スに参加した後は、イースターエッグハントにチャレンジです。マルセイユをうろうろしていると、酒場で懐かしい方に遭遇しました。昔NPC狩りをご一緒し たディアさんです。tellで話したりはしていたのですが、直接お会いするのは、ワインイベント以来のような気がします。香水を買いにバレンシアまで行く というので、ご一緒することにしました。美人なお連れさんがいたのでご遠慮しようか迷ったのですが(爆)、お言葉に甘えてPTに入れて貰いました。

20060427135313.jpg
▲トリポリ東で迷子になり、にっちもさっちも行かなくなった3人はダイスで運命を決めることに!ダイスを使うって、画期的です。

20060427151729.jpg

マルセイユまで戻ってきたところで、私はタイムアウト><お別れを告げてPTを抜けました。バルト海やティレニア海でもくもくと海事クエストをこなす日々が続いていたので、とても良い気分転換になりました。とっても楽しかったです。ありがとうございました!^^

■フレのイベント戦闘に参加しに、久々にケープへ行ってみると…

20060427135517.jpg

アリデス母さん、私その子を知ってます!w


なんだか、息抜きばっかりしていますが、海事も頑張っていますよ!(・Θ・;)アセアセ…

スポンサーサイト

大航海時代ブログランキングに参加しています

マルセイユの夢

更新が非常に停滞しております。Archieです。
かなり前になってしまうのですが、4/1に開催された「ブロガーE鯖交流会」の模様と感想を記したいと思います。><

-----

 3月も終わり頃、いつもの様にブログ廻りをしていた私の目に面白い記事が飛び込んできました。その名も「ブロガーE鯖交流会」。エウロス鯖アンテナでお世話になっている中也さんとそのお仲間が中心となって開催するイベントでした。ブログを持っている人ならば、誰でも参加できる事。そして、 この世界がいつまでもあるわけじゃないから、この世界にいつまでもみんながいてくれるわけじゃないから、待ってちゃだめだ。---「中也の調理日誌」より---この言葉に突き動かされて、参加しようと思いました。

 4/1が近づくにつれて高まる緊張!何を緊張する必要があるんだ!と思われると思いますが、基本的に人見知りする私は、初対面の方と話すのが苦手だったりしますorz
人は会って3秒で第一印象が決まるといいます。ここは縫製をしている者として、素敵な衣装で登場し、できれば良い印象を与えたいところ!前日Jさんから頂いたドーティを着ていくことも考えましたが、初対面でドーティってきつすぎるのでは…( ̄ー ̄; ヒヤリとの不安が頭をかすめました。
 そんな訳で、交流会前日は衣装制作に走り回りました。オスロで皮革を、リスボンの商館で生糸を購入して、一張羅を縫い上げます。縫った物はもちろんカボチャパンツです。何かと敬遠されがちなカボパンですが、これはなかなか素敵な一品です。男女ともに着られるのも良いですね!もっと着る人が増えたら嬉しいのになぁ~。

 交流会当日。アイロンをかけてパリパリになった襟をつけ、マントを羽織ってマルセイユへ向かいます!港へ着くと、交流会参加者とおぼしき人たちのシャウトが街の中を賑わせていました。高まる期待と緊張で気持ちが高揚してきます。交流会の会場は西教会です。たったったと駆けて行くと、教会前に中也さんのお姿を発見しました。ご挨拶をしてチケットを購入し席へとつきました。教会内は大変な賑わいです。Z鯖やN鯖からもたくさんいらしていました。早くお話したいな…とはやる気持ちを抑えて、開始まで待つことにしました。

大航海時代ブログランキングに参加しています

海の道

ざっぱ~~~ん

kamakura-nami.jpg

ザザーーーーンーーー…………
            ザーーーーン

Archieは悩んでいた。

どうすれば、強くなれるのだろうか、と。

先のアテネでの大海戦では、自分の非力さを感じた。今回は戦闘中心で頑張ろう!と思っていた所、船酔いが激しく(回線不調のためorz)断念せざるを得なかったのだ。この日の為にフレに船を用意してもらったり、美酒や料理を作ってもらったのに、その声援に応えられない事が悲しかった。また艦隊を組んだ人たちが、メンバーの補充ができずその後戦闘に参加できなかった事もショックだった。楽しい時間を奪ってしまったように思った。
気持ちを切り替えて、補給隊を頑張ろう!と思った瞬間、配布できる補給物資の数が少ないことに気がついた。その時私が配布できる物資は、大スパンカー4基とベルベットのリボン2本だけだった。

「なんだか…とっても中途半端なことしちゃったな…。」

戦闘部員としても、補給部員としても、楽しめていない自分に腹が立った。気持ちが落ち込みすぎて上手く言葉も出なくなってしまったので、挨拶をして海から離れた。


大航海時代ブログランキングに参加しています

ハンブルグのいたずらっ子

アレクサンドリアでファイサル様とお別れしたヴィニェは、一度ヴェネツィアへ帰還することにしました。冒険で名声を溜めていたので、運が良ければ北海入港許可書を頂けそうなのです。ヴェネツィアの公邸へ向かうと、衛兵がいつものように入港許可書を発行してくれました。許可書を握りしめ、目指すは曇の都、ロンドンです!

身体言語の技能を持ち合わせていないので、セビリアで英語を取得してから向かいます。できればフランス語も取って行きたかったのですが、言語枠で削れるものがありませんでした。しかもフランス語を取得できる場所は。ヴェネツィアとアムステルダムのみ…orzどちらも遠いっ!残念ですが今回は北フランス観光はお預けです。ロンドンとアムステルダム観光に切り替えました。時間があればロンドンでノルド語を取得してオスロ方面へ足を運んでも良いかもしれません!
だいぶ痛みが激しくなってきた私の軽ガレー「Archizm号」は、北東大西洋を越えて、ビスケー湾に侵入しました。ナントやボルドーの港を横目に身ながら、ビスケー湾を渡っていきます。風の音が軽快な音楽からゆるやかな音に変わりました。ヴェネツィアのアドリア海の音とは違う音がそこには流れていました。なんとなく、空の感じも違って見えます。
ブリテン島の南部をゆっくり進み、ついにロンドンへと到着しました!!1stでロンドンからヴェネツィアへ初めて行った時も感動したものですが、ヴェネからロンドンへ来た今回も感動しました。やっと来た~~><と言う感じです!セビリアやリスボンに比べて、ヴェネツィアンの人口が少ないように見受けられましたが、同レベル帯の人もちらほらいました。その人たち全員に、私ロンドン来たよ~!ヽ(*^^*)ノと伝えたくなる程、うきうきわくわくしちゃいます。


▲イングランドからスタートした場合にはできない体験をしました。(*´エ`*)

20060227130504.jpg
▲アンジェラさんのお出迎えを受けます。到着早々ビール漬け!

その後数日間北海を彷徨い、港を発見したり、生物の地図の発見をしにいったりと楽しい毎日を送りました。

大航海時代ブログランキングに参加しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。